IZ*ONEに人生を薔薇色にさせられた話

produce48が終わってから、もう2ヶ月を過ぎようとしている。早い、早すぎる。
10月29日、IZ*ONEがついにデビューとなりました。わーおめでとうー!

produce48を通じてそれなりにK-POPに触れる機会ができて、私のiPodには韓国のアイドルが少しずつ入るようになった。
もちろんIZ*ONEも応援はするけど、ま、情報だけ追えれば…と思っていた。
デビューは嬉しかったけど、個人的に懸念はあった。主にふたつ。

ひとつめは、日本人メンバーが干されるのではないか、ということ。韓国ってどうしても歴史や政治関連で日本と揉めるし、パフォーマンスを指示するのに言語の差もある。そのため、日本人メンバーに重要なところを任せられるのは難しいのではないか。
ふたつめは、メンバーの特色がまとまっていないこと。produce48本編ではコンセプト評価などでキュート、清純、クール、セクシー、ガールクラッシュ、ボーカル重視、ダンス重視と、コンセプトにあったチームを組んでパフォーマンスを行っていたので、色々とあったけどどこのチームもコンセプトがしっかりとしてまとまりがあったように感じた。
でも今回のIZ*ONEのメンバーをひとつのチームにすると、まぁ、キュート、と言われればそれだけではないし、ボーカルに特別特化した集まりでもないし、ダンスはチェヨンが飛び抜けているけどそのレベルに全員がなれるわけでもない。
チームのこれといった特色がなくて、まぁ可愛い系の無難な埋もれるアイドルグループになってしまう気がした。

でもその心配は杞憂だったな、と思わせたのが、IZ*ONEのLa vie en RoseのMV。
https://youtu.be/WZwr2a_lFWY

これ、本当に、良い。
可愛いだけでもなく、かっこよさにふりきれているわけでもなく、甘すぎず、辛すぎず、どこかアンニュイな雰囲気。
なんともひとことで形容しがたい、不思議な雰囲気。
個人的に一番怖かった、ただ可愛らしい無難で埋もれるグループになってしまうのではないか、という懸念がここで解消された。
様々な特色のメンバーがいるからこそこの曲ができて、このなんともいえない不思議さが生まれたのかもしれない。

そしてこのMVの素晴らしいところは、各メンバーの美しさを、produce48本編での最終順位に関係なく平等にかつ最大限に引き出しているところだと思う。
センターのチャン・ウォニョンがかなり目立ちすぎることもなく、でもセンターとしての格を感じさせる演出があったり。チェヨンはダンスがしなやかで目立つセンターパートがあったり。仁美や奈子は特徴的な声が目立つパートを振り分けてあったり、咲良も重要な歌詞のパートを任せられていたり。
メンバーごとに言いたいことはたくさんある。全部書いていたら2年半が過ぎてしまうので省略するけど、ひとりのメンバーに偏ることも、干されることもなく、メンバー皆が魅力的。
もうこのMVは理想ですよ。12人が皆魅力的で、皆素敵。
このMVを見てからIZ*ONEのCDを注文。面白いメンバーがたくさんいるし、これからバラエティも追っていきたいなぁ。

もちろんこれがスタートなのでこれから2年半、どうなるかは分からないけれど、私はIZ*ONEをこれからも追っていこうと思います。
メンバーごとにあれが良いこれが良いってことも別記事で書けたら良いなぁ。

9月のスワロウテイル

9月のお話です。
この月はようやく新人さんの担当にあたることができました。

藤堂執事金木さんペア。
藤堂執事の安心感あるお出迎えからの新人さん。小動物のような雰囲気。スワロにしてはほわほわしていて可愛らしいタイプの方でした。子犬っぽい。
一挙一動に震えがあって、ひさびさに新人さんらしい新人さんでいつもとはまた違う雰囲気を楽しめました。
でも、藤堂執事の安心感でアウェーな感じはなかったなぁと思います。周りの方に色々助けて頂きました。
スワロで新人さんっぽい新人さんをひきあてたことがあんまりないので、面白かったです。

司馬執事黒崎さんペア。黒崎さんはひさびさ!でも黒崎さんは藤堂執事とのペアが良かったなぁ。
黒崎さんは事務的なメニューの説明じゃなくて、結構自分のおすすめを交えたり自分のキャラクターを意識した表現をされるのでとても楽しいし、選びやすいです。
司馬執事から「担当の給仕は行き届いていましたか?」と聞かれることが多いのですが、今回は「黒崎ですから心配はしていませんが」と付け加えていたので内部から見ても優秀な方なんだなぁと思います。

そしてなんと、司馬執事と金木さん。新人さんをこんな連続であてるとは。
金木さんから「カツラギお嬢様を担当させて頂くのは2回目ですね」って言われてびっくりした。もう覚えてるのか、なんか記録するシステムがあるのか。何にせよその言葉が出てくるのは強い。
前回よりも色々お話して下さって楽しかったです。早くオリエントエキスプレス大好きな新人さんにあたりたい。

お友達の誕生日帰宅は司馬執事からの乾執事と緑川さん。
緑川さんは会話に入るのがうまい。かといってこちらの会話を邪魔しないのが素晴らしい。
能見さん環さん藤原さんあたりもそうだなぁと思うんだけど、大人数でも輪に入ったり引いたりするのがとてもうまい方だなぁと思います。空気が読めるってすばらしい。

スワロウテイルは秋が一番通いがいがあると思っています。
さつまいものスコーンはなにもつけなくても美味しいし、ストレートでもミルクティーでもなんにでも合わせやすいのでおすすめです。ほんのり甘くておいしい。
9月からの新紅茶シルヴィアスは、キームンにゆずピール。そこにクマザサやバラの花びらを入れてあるからなのか優しい感じでした。キームンが苦手な方でも挑戦しやすいです。がつんと紅茶!!というわけでも、ゆずが強いわけでもないので、紅茶に慣れていない方でも良さそう。

produce48とアイドル

アイドル戦国時代とか言われるようになってアイドルがばんばん生まれていき、それから何年かたった今、様々なアイドルが解散していきました。
歌やダンスという実力がなくても、所謂人格、キャラ、コミュニケーション能力や愛嬌など歌やダンス以外の分野で上に上がっていくアイドルが増えてアイドルの定義の幅が広くなっていった一方、歌やダンスが軽視されていくようになっていったなぁと思います。

produce48とは、韓国のオーディション番組であるproduce101と48グループのコラボオーディション番組です。
パフォーマンス重視の韓国のアイドルと、日本のアイドルの中でもキャラクター重視の48グループのコラボは不安もありましたが、結果的に成功なのかなと思います。
語ると大変長くなってしまうので、個人的に気になったメンバーを記していこうと思います。

・キム・ナヨン
再評価で奈子ちゃんや仁美ちゃんが見つかった回で、個人的におっ!と感じた子でした。
声が美しく、韓国の練習生が苦戦していたネッコヤの日本語バージョンも綺麗に歌いこなしていたのが印象的。
その後もLove Whisper、メリクリ、ロリロリとどこでも埋もれない透明感、歌声、良い子そうな笑顔が素敵でした。脱落したのが惜しい。

・ソン・ウンチェ
Love Whisperでは奈子ナヨンチームの相手グループのリーダーでしたが、パート決めなどでチームワークが乱れ苦戦していました。
でも、その後のinstructionでのダンスがかっこよかった!良い空気感は智代梨ちゃんが作ったようですが、技術的にはウンチェが引っ張っていったのではないでしょうか。
小柄、丸顔で日焼けした肌と健康的で可愛らしいイメージで個人的に韓国のアイドルとしては珍しいなぁと思いましたが、そこが誰とも被らない魅力だなと思います。かっこいいダンスとのギャップもあり。

本田仁美
こんなに可愛くて、パフォーマンスも綺麗な子がいたとは!正直不覚でした。
チーム8は、ダンスは横山結衣、ボーカルは小田えりな、アイドル性は小栗有以のイメージだったのですが、ほぼこの子がもっていきそうな勢い。
でも、もともと仁美ちゃんはダンスメンバーとして横山中野とダンスロワイヤルに出てたんですよね。横山結衣ちゃんばかり見てた…。
どんな時でも笑顔でいる48グループらしさと安定感のあるパフォーマンスの韓国らしさをバランスよく持っていると思います。デビューおめでとう!

・ハン・チョウォン
強めの子を推したことがないのですが、この子は推さずにはいられなかった。
ブンバヤ2班からはじまり、ボーカル&ラップ部門の一位、RUMORのラップとたくさんの顔が見られて楽しかったです。
しっかりもので苦労人だなぁと思っていましたが、RUMORのパート決めのときにウンビに生意気なことを言っていてw(日本語訳だからそんな意図はないかもだけど)もしかしたらもっと面白い子だったんじゃないかなと思います。早くデビューしてくれー。

山田野絵
とにかく愛嬌!韓国でも物怖じしない明るい笑顔がとにかく印象的でした。
創作ラップにも挑戦したり、とにかく意欲のある姿勢が良かったです。その創作ラップも色々検索したらちゃんと考えて作り込まれていて、愛嬌だけじゃないなぁと再認識。またラップをやってほしい。

中西智代梨
持ち前のコミュニケーション能力と愛嬌で、どん底のinstructionチームの完成度を上げたメンバー。パフォーマンスも韓国勢にひけをとらないのも新たな発見でした。
きちんと実力も見せつけつつ智代梨ちゃんらしさもあって、見ていて楽しかったです。
instructionチームでデビューしてほしい。切実。


他にも良いメンバーはいるのですが長くなってきたのでここで。また思い出した頃に残したいなぁ。
こうやってみると、日本のアイドルはキャラクターや接触が重視される傾向があるように見えますが、意外と土台にパフォーマンス力があったり、アイドル自身にパフォーマンス力を磨く意思があったりと、まだまだ日本のアイドルもパフォーマンスで勝負する文化ができると感じさせました。
アイドルには無限の可能性があると、produce48を見て改めて思います。

おすすめのアフタヌーンセットの組み合わせ

ワンダーパーラーのお話。

ワンダーパーラーのキャッチコピーのひとつに、「友人に薦められるお店」があります。
確かに、好きなメイド喫茶はたくさんありますが友人を連れていく頻度が一番高いのはワンダーパーラーだなと思います。
で、友人と一緒に行くときに聞かれる質問で一番多いのは、「おすすめの紅茶は?」「デザートはどれがおいしい?」そして、「どの組み合わせがいいの?」です。
基本的にワンダーパーラーは好みの別れる癖のある紅茶は少ないので好きなものや気になったものを選べばいいと思うのですが、それなりに行くと個人的に「この組み合わせはおいしい!」みたいな組み合わせを発見してよくそれを薦めたりしているので、これを全世界に発信しようと思います。

※注意:これは私一個人の好みです。私の好きな紅茶はアッサムです。基本的にメイドティーは除く。

・ズコット系
ストロベリーズコットやアップルズコットのような、クリームがたくさん使われているデザート。甘いものが好きな方はとりあえず選んで損はなし。
甘党な方はポムにミルクや蜂蜜、甘ったるくしたくない方はストレート派はダージリン、1854。ミルクティー派はアッサムがおすすめです。
クリームが使われているデザートにモンブラン系もありますがだいたい同じ感覚で選んでいます。ごまと豆乳のモンブランはミルクティーがおすすめ。

・レアチーズケーキ系
日向夏のレアチーズケーキか、瀬戸内レモンのレアチーズケーキ。甘ったるくなくさっぱりとしたケーキです。見た目も可愛いのでインスタに載せたい方にもおすすめ。
さっぱりとしたケーキなので、ピュアティー派はダージリンフレーバーティー派はアールグレイがおすすめです。
ミルクをいれるともったりしたり、コクがある紅茶だとさっぱり感が失われるので基本的にストレート。甘くしたい場合は蜂蜜。

・チョコレートケーキ系
おそらくこれから「○○ショコラ」とかチョコレートっぽい名前のケーキが出てくると思われます。
チョコレートに合わせるのはミルクティーがおすすめです!!チョコレートの風味もミルクの風味も死ぬことがないので、アッサム、ヨークシャーゴールド、そして特濃ミルクティーをおすすめします。甘さをいれたいときは砂糖派ですが蜂蜜でもおいしいです。
メイドティーではありますがテディベアの場合はミルクに、テディベアにカモミールがはいっているので自然な甘さになる蜂蜜を。

・紅茶のシフォンケーキ
一番好きなケーキです。基本的にストレートでもミルクでもピュアティーでもフレーバーティーでも何でもあうのですが、シンプルなシフォンケーキなので、ジャスミンのフレーバーが死なない1854。ちょっぴりリッチなブレンド49を選びたい場合もシフォンケーキはおすすめです。

・ベリーベリーケーキ
上にベリー系のフルーツが乗ったムースケーキ。
マルコポーロルージュ、ポム、モンターニュドールのような甘いフレーバーティーに蜂蜜がぴったりです。
逆にミルクティーはフルーツやムースの風味を消してしまうので、あまりおすすめしません。
甘いのが苦手な方はダージリン、1854をストレートで。お花の香りは意外と甘くなく、果物の甘酸っぱさと喧嘩しません。

今回は、デザートを中心に紅茶を選んでみました。
メイドティーの場合はだいたいメイドティーが中心になって選び方が変わるので、メイドティーが増えたり入荷したらまた書きたいなぁと思います。

8月のスワロウテイル

楽しかったのに残念ながら総集編です。

8月はバラエティ豊かでした。乾執事と藤原さん、乾執事と大河内さん、藤堂執事と胡桃沢さん、司馬執事と才木さん。

藤原さん大河内さんは友達との帰宅であたりました。家族みたいに大切にされている感じが良かった。藤原さんはフットマンというよりも乳母感が強い。チョコミントケーキが美味しすぎてぱっと食べてしまったんだけど、「美味しいからって早すぎません?もー。」みたいなことを言われたんだけどなんとなく藤原さんらしいなぁと思いました。
ベテランは個性があって楽しいです。

久しぶりのぼっち帰宅は胡桃沢さん。あんまりあたる議会がないのですが、可愛らしすぎない可愛らしさと言うべきか、自然な可愛らしさと言うべきか、嫌味のない可愛らしさと言うべきか。可愛いのにファンタジー過ぎず接しやすい方だなぁと思います。
この日は胡桃沢さんのアイスの期間だったので、赤桃と白桃のアイスを頼みました。そういえば、白桃は白桃っていうけど赤桃ってあまり使わないですよねぇみたいな話をしました。確かにな。白ぶとうっていうけど紫ぶどうとは言わないな。
藤堂執事と並ぶとまた可愛らしい(*´ω`*)

才木さんとても久しぶりでした!司馬執事もお久しぶりでした。
同期三人組にあたる議会がなくて特に才木さんはお見かけすることすらなかったのですが、それでも笑顔が多くムラがないので安心して過ごせました。司馬執事との相性が良かったかな?

8月はチーズのドレッシングを期間限定?で選ぶことができたのですが、これ!とても!おいしかった!常設してほしい。と思ってたら10月のメニューにチーズのドレッシングがあって驚き。
パスタもなかなかのチーズ祭りで大変好みでした。食べる前に目の前でチーズを削ってくれるパスタがおいしかったです。ズッキーニが入ってるの。
バジルとモッツァレラチーズのトマトパスタもシンプルでおいしかったです。9月で提供終了なのがさみしい(´・ω・`)

とある寄宿学校の近くにカフェがあると聞いて

ワンダーパーラーのイベントのお話です。


昔、ワンダーパーラーで魔法学校dayっていうオリジナルイベントがあって、そこの世界観がとても大好きでした。
店長主催イベントや版権のイベントもそれはそれで好きなんですけど、メイドさんが一から作り上げていった世界観のイベントって設定や衣装や装飾、メニューなどなど色々と凝っていて、メイドさんも楽しそうにしていて。客である私にとっても印象深いイベントでした。

今回の寄宿学校dayは、今まで5月のこどもの日のみで登場していた坊っちゃんdayを拡大したイベントかな?と思っていました。
前に「エドワード坊っちゃんがお給仕されていると聞いて」というブログ記事を書いていて、城嗣郎坊っちゃんとコラボしてほしいなぁとは思っていたのですが………。
なんと。このイベント、ただ単に坊っちゃんdayを拡大したイベントではありませんでした!!

坊っちゃんの通う寄宿学校を舞台に、坊っちゃんだけでなく執事クラスの男の子や下級生、キャラクターたちのクラス分けや学年、寄宿学校ならではの(色々と妄想がはかどる)制度、バックボーンがあって、それが当日のお給仕にも反映されていて、本当に寄宿学校のカフェにきたようなイベントでした。
言葉遣いや給仕も、坊っちゃんたちはややたどたどしく、執事の子たちは堂々としていたり。頭の良い子は自信たっぷりに、おっとりな子はおっとりとしていたり。このキャラクター同士の関係性が店内での会話に反映されていて面白かったです。
衣装も同じ階級のキャラクターはお揃いになっていて、どの子が坊っちゃんでどの子が執事なのかが分かりやすかったです。
キャラクターもそれぞれぴったりでした。春藍さんは特に!

メニューの中で、このイベントの小冊子付きフォトセットの販売があったのですが、これが良すぎた!
この小冊子とフォトがあれば、この世界観をすぐに把握できます!優しい!
もし他でもオリジナルイベントがあったら、また小冊子付きフォトセットやってほしい…!

やっぱり、メイドさんが一から作り上げるオリジナルイベントは楽しいなぁと思わせられました。
坊っちゃんイベント前後のツイッターで城嗣郎坊っちゃんエドワード坊っちゃんの絡みからこんなに広がるとは。こういうちょっとしたことから世界が広がるって本当に面白い。

また寄宿学校の学生さんたちにお会いしたいなぁ。次回も楽しみに待ってます。


最後に。
春籃樹ペア推せる!!!!!

スワロウテイル

なんというデジャヴ


担当は藤堂執事と隈川さん。前回もこの組み合わせでした。隈川さんまさかの三連チャンです。当たるときは当たりますね。
お屋敷の中で一番人間味がないイメージでしたが、案外人間だなぁと思い始めました。でもやっぱり基本はファンタジーな方だと思います。言葉を選ばずに言うなら不思議ちゃん?
給仕も快適で、なんでもつっこんでなんでも話題を持ってくるのは隈川さんだなぁと思います。隈川さんが担当だと基本的に寂しくなることはないかなぁ。

で、どこかで「もう私たち仲良しですよね~」ってゆるーく言われて、仲良しかぁ。とも思ったのですが、基本的に人見知りで担当があくと距離感が分からなくなるし、認知されてるかどうかもよく分からなくてぎくしゃくしてしまうのですが、その言葉でなんとなーく安心したので、「はい~」って答えてしまった。

こういうコンセプト喫茶ってご飯や飲み物のおいしさも大事だなぁと思うけど、やっぱり安心感って大事だなぁと思う。その点、隈川さんは安心させるのがすごいうまい。
思いがけない隈川さん三連チャンでしたが、良かったなぁと思います。
藤堂執事も可愛かった。

尚、このできごとは7月のできごとです。